Ayurveda(アーユルヴェーダ)

Ayurveda

◆アーユルヴェーダとは何か?

アーユルヴェーダは、サンスクリット語のAyus(Life)とVeda(Knowledge,Science)を組み合わせた言葉で
「生命の科学」を意味するインド発祥の世界最古の伝承医学です。
WHO(世界保健機構)が正式に奨励している代替医療でもあります。

西洋医学では、病気の原因は体外の病原体による感染や遺伝子異常などによる
生体内の酵素系や代謝系の異常であり、自分に関係ない外的要因に病因を求める傾向にあります。

アーユルヴェーダでは、本人の智慧の過ちの結果、
食事や行動様式などの日常生活での不摂生が原因となり
心身に溜まったアーマ(毒素)が病気を発症させると考えます。

患者自身が病気の元を作り出しているのです。


◆西洋医学・中医学・アーユルヴェーダにおける「病気」の定義


AYUMIYAでは、アビヤンガやシロダーラといったオイルトリートメントの施術は実施していません。

時間をかけたカウンセリングに加え、体質チェックや各種心理検査の結果を鑑みながら
クライエント様の心と体の状態をアセスメントした後で
日々の養生法をはじめ、セルフケアを中心とした日常生活の中で実践するアーユルヴェーダをお伝えしています。
トリートメントが必要な方には、別途サロンのご案内も行なっております。

  • 日常生活に無理なく取り入れられるアーユルヴェーダ的生活の仕方
  • 体質に合う食べ物や合わない食べ物も含めた食事のとり方
  • アーユルヴェーダのセルフメンテナンス法


アーユルヴェーダは健康のための養生法であり、誰かに何かをやってもらうという人任せ的なものではなく
自分自身が日々実践していく生き方そのものという考え方を尊重しています。


◆アーユルヴェーダにおける3つの体質と特徴


これらのバランスを整えることで心身の健康なバランスを保っています。
体質チェックでは、あなたのベストバランスとバランスが崩れた時の対処法が分かります。


◆DINACHARYA(ディナチャリヤ-毎日の養生法)

病気を予防し健康を維持するためにアーユルヴェーダでは日常の養生法を推奨しています。

ディナチャリヤ(DYNA=日中、CHARYA=管理)

すでに習慣として行っていることも含まれていると思いますからすべて取り組むのは難しいとしても
出来そうなこと、続けられそうなことを一つからでも始めてみてはいかがでしょうか?

昼食は消化力を考慮しながら1日のうちで一番ボリュームのあるものを食べます。
夕食は野菜中心で少なめに。寝るまでに消化されるメニューにします。
入浴後22時までには就寝します。早寝することが早起きの秘訣です。


★早起き(BRAHMA MUHOORTA-日の出の96分前)

夏は6時ごろ、冬は7時ごろまでには起床します。

★体調の把握

目覚めた時の気分はどうか?前の日の食事は消化されているか?今日一日どのように過ごすか?

★トイレ

排泄物の状態も確認します。

★歯磨き・舌苔の除去

舌の上にはアーマと呼ばれる未消化物が載っています。それは毒素なので取り除く必要があります。

★洗顔

顔を洗います。

★アンジャナ(目のケア)

古代エジプト人もやっていたマスカラみたいに薬を目の周りに塗ります。

★ナスヤ(鼻のケア)

鼻の穴にオイルを2滴ずつ入れて浄化をします。アンチエイジングに効果があると言われています。

★ガンドゥーシャ(うがい)

ごま油でのうがいは歯と頬の筋肉を強くします。

★白湯を飲む

やかんに水を入れ、火にかけて、沸騰後にやかんの蓋をあけてしばらく沸かし続けて作ります。
少し冷めてから飲みます。

★ヨーガ

呼吸法とともに体を動かします。呼吸と体に働きかけることで消化力を上げます。

★アビヤンガ

オイルマッサージを行います。耳だけ、頭だけ、足だけでも構いません。

★入浴・シャワー

体を浄化します。

★身だしなみ

清潔で、着心地のよい衣服を身に着けます。人体に害のない化粧品を使います。

★食事

アグニ(消化力)の状態に合わせて食事をとります。
甘味、酸味、塩味、辛み、苦み、渋みの6味を取るようにします。

★仕事

職業は個々の才能合っていなければならず、満足するものでなければなりません。
違法の活動に関わってはいけません。


◆生活習慣改善 アーユルヴェーダカウンセリング

セッション内容

生活習慣でお困りの方向けのコースです。
このコースでは、アーユルヴェーダの考え方に基づきあなたの食事や生活の仕方を見直していきます。

  1. あなたの体質、思考の特徴について知る
  2. 生活習慣における問題の可視化
  3. 生活習慣改善方法の提案
  4. 目標設定(双方合意)
  5. 日々の生活での実践


主に、ダイエット、不眠、不安、便秘でお困りの方にオススメのコースです。
ご自分のことを知りたい方も、体質チェックや口頭での質問によりタイプが分かります。

ご希望により、ヨーガ療法の実習や瞑想指導などもご案内いたします。
月2回×3ヵ月を1クールとして経過を観察していきます。

   

◆実践アーユルヴェーダ基礎(2.5h×3回コース)

アーユルヴェーダを日常的に実践していくために知っておくべき内容を学びながら身につけます。

1回目(アーユルヴェーダ概論)
    ・体質および気質チェック実施
    ・現在の生活習慣の可視化
    ・日々の養生法
    ・食事習慣の確認

2回目(アーユルヴェーダの理論)
    ・前回のおさらい
    ・五大元素
    ・トリドーシャ
    ・トリグナ

3回目(心身浄化法)
    ・前回のおさらい
    ・診断法
    ・セルフトリートメント法
    ・呼吸法

知識だけにとどまらず、無理なく実践していけるよう受講間隔は2〜3週間空けられることをお勧めしています。
ご自宅や、日常生活の中で約3ヶ月間継続して実施することでアーユルヴェーダの良い習慣が身につきます。

一度身についた習慣は、たまには自分の意思でやらない日があってもいいと私個人的には思います。
前後の過ごし方を調整するなど、週単位や月単位で心身を整えれば健康状態は維持されると考えて差し支えないでしょう。

この、自己コントロール力を養うための講座となっています。
出来なかったから、やらなかったからと責めるようなことはありません。
アーユルヴェーダの良い習慣を身につけ、日常生活を快適に送るためのサポートを行なっています。
ご自分のペースをつかみ、アーユルヴェーダ的生活の心地よさに気づいていただくための内容になっています。